2009年11月26日

棚を後付けする

建物の完成後、お施主さんのお宅を訪ねると、色々と相談を頂くのですが、PCの調子が悪い、世間話、建物の気になった点の説明などなど、一番多いのは、棚や絵を取り付けたいということです。絵の場合は、僕も色々とアドバイスしたりしますが、お施主さんもここは趣味の範囲なので、僕の宿題にはあまりなりません。でも棚は、生活に必要な場合があり、お施主さんも、後からごめんねー、何かいい知恵ないかなとおっしゃるので、色々と調べてみました。アルミ製の軽くて取り付けやすい(お施主さんでも施工可能な物が前提です)ものはいくつかありましたが、ナチュラル系ですと急に数が少なくなります。僕が見つけたのは、
四万十 棚.jpg

久宝金属さんが出している、四万十檜で出来た木製で、壁側にビス3か所留めのアルミレールを取り付け、ここにがちゃんと棚部分を取り付けるものです。開封すると檜の香りがします。ただしオイルペイントがしっかり塗布されているのでナチュラルモダン系で良く使うオスモワックスや、僕が定番で使っているプラネットカラーの半透明塗料なんかの顔料系塗料やワックスは、塗りずらいので注意してください。(久宝金属さん,無塗装造ってくれませんか)

四万十 棚 実例.jpg

壁に付けるとこんな感じ。
玄関から室内に入った処に付けて、携帯や鍵置き場になっています。
ほかにも色々とありそうです。


ここまで読んで頂いてありがとうございます。
ランキング参加中なので、ひと押し、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
ラベル: DIY 家具 キッチン
posted by たかQ at 16:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 造作家具、棚とフックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。